MENU

BLOG & COLUMNブログ&コラム

*

朝起きたら、顎が疲れてる?それ、寝ているときの歯ぎしりかも!

みなさんこんにちは☺️

半田市の歯医者、かなえ歯科・矯正歯科クリニックの久木田です!

 

寝ている時に歯ぎしりをしているよ!

とご家族の方に言われたことはありますか?

寝ている時の歯ぎしりは

無意識のものなのでなかなかご自身で気づくことが難しいですよね。

起きた時に、「あれ?顎が疲れているな」と感じたら、

歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります😭

 

歯ぎしりは、実はいくつかの種類にわかれます。

・グランディング : あごを左右に動かして、ギリギリ音が鳴る

・クレンチング : あごを動かさず上下にグッと噛みしめる

・タッピング : 上下の歯をカチカチと鳴らす

これらをまとめて、【ブラキシズム】とよびます。

 

歯ぎしりの原因というのは、

実は明確にはなっておらず、日頃のストレスが原因ではないか。

と言われております。

 

●歯ぎしりの影響

・特定の歯への過剰な力・圧

・歯の周りよあごの骨に負担をかけてしまう。

・歯自体が磨耗してまう

日中の歯ぎしりや食いしばりに関しては、

意識して歯と歯をはなしたり、

あごの力を緩めてあげることをオススメしております。

しかし、寝ている時の歯ぎしりに関しては、

無意識下なので、意識することができません。

そのため、「ナイトガード(マウスピース)」の使用をオススメしております。

過剰な噛む力や圧から歯やあごの骨を守るものです。

特定の場所にかかってしまう力を分散することが可能です👌