MENU

インプラントMEDICAL

*

*

自分の歯のように
快適な生活を
病気や事故で歯を失った方や、先天的に歯の本数が足りていない方は、
食事や会話のしづらさ、表情のつくりにくさから、お悩みを抱えている場合が多いです。
失った歯が元に戻ることはありませんが、快適な生活を諦める必要はありません。
当院ではインプラント治療を通し、
日々のストレスを解決するためのサポートをしています。

インプラント治療とは

*

歯を削らずに「第二の永久歯」をつくる治療
人工の材料や部品を体に入れることを総称して「インプラント」言い、歯科の場合は歯を失ってしまった部分に埋め込む人工歯根を示します。
インプラント治療では、インプラント(人工歯根)の上に土台となるアバットメントと上部構造(人工歯=被せ物)を装着し、失った歯の機能を取り戻します。
「第二の永久歯」をつくる治療とも言われるように、周囲の歯に負担をかけることなく天然歯の時とほとんど変わらない生活ができるようになります。
当院のインプラント治療の特長
    • シミュレーションソフト
      当院ではCTで撮影した画像を元に、インプラントの埋入位置・角度・深さなどのシミュレーションを正確に行うことができる、シミュレーションソフトを導入しています。
      精密なシミュレーションにより、技術や勘だけに頼らない、より確実な治療を提供することができます。
      *
    • サージカルガイド
      シミュレーションを重ねて導き出した理想のインプラント埋入位置なども、実際の手術で実現できなければその安全性は確かなものにはなりません。
      当院ではシミュレーション通りの手術が行えるように、埋入位置や角度などをアシストする、マウスピースのような形状のガイドを作製・使用しています。
      *
    • インプラントシステム
      当院では、生体親和性に優れ、アレルギーが起こりにくい「ストローマンインプラントシステム」を採用。丈夫で歯槽骨と強固に結合するという特性から安定した状態を長期に渡って持続でき、特殊な表面構造により治療期間も比較的短期な、世界的なシェア率を誇り高い信頼を得ているシステムです。
      *

インプラント・入れ歯・
ブリッジの比較

*

インプラント以外の方法が最適な場合も
失った歯を補うための治療方法は、「入れ歯」「ブリッジ(失った歯の左右の歯を削り、そこに橋をかけるように人工歯を被せる)」「インプラント治療」が主に挙げられます。
特に、歯を削らずに自分の歯のように噛めるインプラント治療は、他の治療の欠点を補うことができるため、多くの方から支持をいただくようになってきました。
だからと言って、全ての患者さまにインプラント治療を行えば良いという訳ではありません。一人ひとりのお口・お身体の健康状況やご要望から、入れ歯やブリッジの方が適している場合もあります。患者さまそれぞれの悩みについてしっかとカウンセリングし、CTなどの検査を元に最適な解決案を提案いたします。
  • インプラント
    *
    • 自分の歯と変わらない噛み心地。
    • 天然歯のようなきれいな見た目。
    • 周りの健康な歯を削ることなく治療ができる。
    • 自由診療(保険適用外)なので、比較的、治療費が高額。
    • 治療に時間がかかる。
    • 手術が必要。
  • 入れ歯
    *
    • 保険診療であれば安価。
    • 比較的、治療が容易で短期間。
    • 自由診療で材質の選択ができ、見た目を理想に近付けることが可能。
    • 硬いものが食べにくい場合がある。
    • 入れ歯と土台の歯の間に食べ物が挟まり、虫歯になる危険性がある。
    • 保険診療の部分入れ歯は、場所によっては金属が目立つ。
  • ブリッジ
    *
    • 保険診療であれば安価。
    • 自由診療で材質の選択ができ、見た目を理想に近付けることが可能。
    • 比較的、短期間で治療が終わる。
    • 違和感がほとんどない噛み心地。
    • 健康な歯を削らなければならない。
    • 支えとなる左右の歯に負担がかかる。
    • 歯肉との間に食べ物が挟まり、虫歯になる危険性がある。
    • 失った歯の本数や場所によっては適用できない場合がある。

インプラント治療の流れ

  • *
    カウンセリング
    かなえ歯科・矯正歯科クリニックのインプラント治療は、患者さまに最適な治療プランをご提案できるよう、カウンセリングから開始します。歯を失ってしまった原因やインプラント治療に求める回復、患者さまの生活習慣などを詳しく伺います。
    安心して治療を進められるように些細なことにもお答えしますので、疑問や不安な点などもお気軽にご相談ください。
    2
  • *
    精密な検査
    安全で的確に治療を進めるために、歯科用CTやレントゲン、口腔写真の撮影や血液検査などを行い、お口や顎、お身体の状態を確認・把握していきます。
    ※検査結果からインプラント治療が適さないと判断する場合もございます。ご了承ください。
    2
  • *
    検査結果に基づく治療計画を立案
    検査結果に基づいた治療計画を立案し、ご提案いたします。
    当院ではインフォームドコンセント(説明と同意)を徹底していますので、必要なインプラントの本数や費用、期間などを詳しく説明いたしますが、もし説明に不十分な点や不明点がありましたら、どんなことも気軽にご質問ください。
    治療計画をご理解・ご納得いただいた上で、本格的に治療をスタートいたします。
    3
  • *
    安全に手術を行うための前処置
    事前の検査から虫歯・歯周病が発見された場合はその治療、顎の骨が少ない場合は骨の再生治療を行うなど、手術の前に口腔内の環境を整えます。
    この前処置によって、インプラント埋入手術をより安全に行うことができるようになります。
    4
  • *
    インプラント埋入手術
    歯科用CTとシミュレーションソフトを駆使し、インプラントの埋入位置・角度・深さなどをシミュレーションします。インプラント(人工歯根)の埋入手術は、その結果を元に製作したサージカルガイドを使用し、正確に行っていきます。
    局所麻酔をして手術を行うため、痛みを感じることはほとんどなく、手術の翌日以降から普段と変わらない生活を送っていただけます。
    2回法

    お口や体の状態によって、手術を2回に分けることもあります(2回法)。1回目の手術(一次手術)でインプラント体を埋入し、治癒期間を設けて骨と結合させます。2回目の手術(二次手術)で埋入箇所を切開し、アバットメント(土台)を装着します。

    5
  • 治癒期間
    埋め込んだインプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。患者さまの年齢、健康状態や体質、骨の質や埋め込んだ場所(上顎・下顎)で異なりますが、平均で2〜6ヶ月程度かかります。治癒期間中は普段通りの生活を送っていただけます。
    また、仮歯を利用することもできますので、希望される方は気軽にお申し付けください。
    6
  • *
    上部構造の製作
    インプラントと顎の骨の結合を確認したら、歯の替わりとなる上部構造(人工歯)を作るために型取りを行います。
    型取り後1〜2週間ほどで上部構造は出来上がります。
    一度装着し、様子を見ながら噛み合わせを調整していきます。
    7
  • *
    メインテナンス
    人工歯根のインプラントは虫歯になることはありません。
    しかし、汚れが溜まることで埋入した部分の歯ぐきが歯周病(インプラント歯周炎)になり、インプラントを抜け落としてしまう危険性があります。
    大切なインプラントを長く快適に使用するためにも、歯みがきなど毎日のケアはもちろん、数ヶ月〜半年に1回程度、プロのクリーニングやメインテナンスを受けに歯科医院へ通いましょう。
    8
ページの先頭へ戻る