MENU

BLOG & COLUMNブログ&コラム

*

歯科医院でのスタンダード・プリコーション。コロナ禍での変化は?

みなさん、こんにちは🥰

半田市の歯医者、かなえ歯科・矯正歯科クリニックの久木田です!

 

歯科医院は口腔内を診察するので

より飛沫が飛びやすいです。

新型コロナウイルスが流行し始めた時も、

歯科医院は感染リスクが高いと話題になりました。

しかし、実は歯科には

スタンダード・プリコーションがあるので、

平時から感染対策の標準予防策が浸透しています。

 

●歯科医院でのスタンダード・プリコーション

・個人防護具の使用

・手指の衛生

・器具の洗浄+消毒+滅菌と保管

・ユニット(器材)と周囲の消毒

その根本の考え方として

すべての患者のすべての湿性生体物質:

血液、唾液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物、

創傷皮膚、粘膜などは、感性生があるものときて取り扱わなければならない。

というものがあります。

「細菌・ウイルス感染の拡大を防ぐこと=社会貢献だ」

診療を介し感染を広げない、

そのためには、自らがスプレッダーにならないようにしっかり予防します。

もし、患者さんに感染したかたがいて、

私たちが感染してしまったら、

今度は私たちが違う患者さんにうつしかねません。

家族や同僚にも感染が拡大しかねません。

感染リスクが高いとされる仕事のため、厳重な予防策が必要になります🏥