MENU

BLOG & COLUMNブログ&コラム

*

インプラントが入れ歯の支えに!?インプラントの活用法。

みなさん、こんにちは🌞

半田市の歯医者、かなえ歯科・矯正歯科クリニックの久木田です!

 

インプラントは、

強い噛む力を受け止め、歯列やあごの骨を守ってくれます。

インプラントのイメージでは、

『1本の歯』というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

実は、

入れ歯の支えにも、インプラントが役立ちます!👍

入れ歯とは、対極にあるようなインプラント治療ですが、

入れ歯を安定させるための支えにも使われています。

特に、下顎の入れ歯は、

上顎の入れ歯に比べて

吸着できる面積が少なく、もともと外れやすいです。

それに加えて、

あごの骨(土手)が痩せると安定させるのが困難になってしまいます😭

(がたつきやすくなります。)

そこに、インプラントを数本(個人差があります)いれ、

入れ歯とインプラントの先に磁石を埋め込むことで

安定しやすくなり、格段と噛みやすくなります。

 

また、安定するだけでなく、

顎の骨を保護する役割もあります。

骨が痩せてしまい、

入れ歯ががたつく状態で入れ歯を使っていると

ますます骨が痩せてしまいます。

残っている歯に、インプラントの支えが入ることで

入れ歯を安定させ、顎の骨がこれ以上痩せることを防ぎます。

 

また、保護することで

よりあった状態で長持ちさせることも可能になります。

 

現在、インプラント治療は、

患者さんのお口をCTスキャンで3次元的に解析して、

治療のシュミレーションができるようになりました。

以前は、エックス線写真による2次元的な検査しか

行うことができなかったため、

とっても画期的なソフトウェアが使用されています🏥

 

インプラント治療は、

たんに失った歯の代わりをするだけではありません。

残った歯を大切に守って使っていくための

『武器』になる、頼もしい治療法なのです。

 

インプラント治療は、

怖いというイメージを抱かれやすいですが、

他の治療では望むことのできない強みもあります。

まずは、インプラント治療について

知ってみてください。

 

SNSの情報だけではなかなか全ての情報を得ることは難しく、

また患者さんの口腔内は人それぞれ個人差があるので、

一概にお話しすることは難しいです。

ぜひインプラント治療が気になる方は、

歯医者を受診してみてください。

今のお口の中を拝見させていただいて

より適切なお話ができると思います。

もし、1件だけで不安な場合、

もっと様々なドクターの治療方針や話しを聞いてみたい方は

セカンドオピニオンをすることも可能です🙆‍♀️